イブラヒモってどんな紐?

紐でないことは知っています。小ネタ写真と書き物のブログです。

日本語でどうぞ

今回はわたしの秘蔵画像コレクションの中から、日本語には翻訳できなかった事例を2つご紹介。

※万が一に備えて、お飲み物は口に含まずお読みください※

 日本語でどうぞ〜英語編〜

まずは、長崎の某旅館に置いてあった英語版の館内ガイド。興味本位でパラパラとページをめくっているうちに、あれ?誤字が。

 

f:id:yk1974:20190221221726j:plain

とある旅館の英語ガイド

 

Ohter

 

正しくは"Other"。これは単純なタイプミス…かと思いきや、後に続く英文が驚くほど奇っ怪。力づくで訳すと、

 

タクシー手配 モーニングコール わたしはフロントで聞きました。宅配便・FAX・コピー・クリーニング わたしもまたワオって承認されました(追加料金)

 

"Wow"ってのは…「ワオ」以外の適訳があるんだろうか。 

 

日本語でどうぞ〜韓国語編〜

現地ネイティブから頂戴したおみやげ「レトルトのトッポギ」。

 

韓国でも激辛で有名とのことで、

 

「ネタとして持ってきたから、マジで無理して食べなくていい」

 

とまで忠告された一品。*1

 

f:id:yk1974:20190221221833j:plain

レトルトのトッポギ

パッケージには、韓国ではおなじみのスター*2が「うまいぜ」と言わんばかりのポーズでお出迎え。

 

彼の手から何が発せられているのか読めないが、掌を合わせて「ぷっ」と音を鳴らしているわけではなさそうだ。

 

では中身を取り出してみよう。

 

f:id:yk1974:20190221221916j:plain

レトルトのトッポギ 内容物

写真手前から順に、激辛そうなスープ、北国を思い起こさせる中太ちぢれ麺、そして「130g」と表示された袋に入っているのが、トッポギ。

 

さて、作り方は?お湯を注ぐだけで完成するような気もするが、麺やトッポギは下茹でしなくても大丈夫なのだろうか。

 

パッケージ脇に作り方らしき文面を見つけるも、あいにく全て韓国語。手がかりになるのは数字だけ。

 

しかし、慌てることなかれ。こんなときにはGoogle翻訳アプリの登場ですばーい。なにせiPhoneのカメラでスキャンするだけで翻訳してくれるんだから!

 

やってみると、思っていた以上の精度で読み取ってくれた。

 

さすがGoogle先生

 

f:id:yk1974:20190221221950j:plain

Google翻訳アプリで読み取り

韓国語と日本語は語順はほぼ同じ。ということは、単語さえ繋いでいけば読める日本語になるはず!

 

Google先生、これは楽勝案件だ!任せた!

 

その結果が、はい、こちら。

 

f:id:yk1974:20190221222023j:plain

破壊的な日本語に翻訳された

 

233分30秒

 

じっくりと炭化を待つ。

  

ゲクサリ面特異牛を瞬時に

 

何度も探したが、パッケージの中にそういう牛は入っていなかった。

 

入っていたとしても特異なヤツだし、それを瞬時にどうにかする自信はない。

 

 

多蓋をペンヒ閉じたら

 

これはたぶん「蓋をピタッと閉じたら」みたいな擬音。ピタッは韓国語で「ペンヒ」と表現…しないんだろうなぁ。

 

義父にはじきいくので

 

「義父には、じきいくので」「義父に、はじきいくので」と、文節をどう区切るかでニュアンスが変わる。

 

いずれにせよ、義父には連絡をとったほうが良さそう。

 

注意事項

 

ここだけはしっかりと読み取れた。しかし、肝心なその後がほぼ解読不可能。

 

浮遊にドジないように注意してください

 

……はい、気をつけます! 

 

Google翻訳、頼りにしていただけに、ゴングが鳴って3秒でKOされた感じ。目が覚めたら病室だった。

 

ということで、「日本語でどうぞ」でございました。*3

 

*1:後日「本当に気をつけて食べて」と念押しの電話も。

*2:典拠は定かではありません。

*3:このトッポギは大変辛く、そして辛さと同じくらい砂糖が効いているという不思議な味でした。激辛激甘。