イブラヒモってどんな紐?

紐でないことは知っています。小ネタ写真と書き物のブログです。

牛丼の特盛が素通りしていく件

f:id:yk1974:20190814103017p:image

いつかの日経新聞のコラム「私の履歴書」で取り上げられていたのが、吉野家の牛丼「特盛」の誕生エピソードだった。

「単に盛りを増やすだけ」のカンタンな話ではなく、開発当初は社内からの猛烈な反発に遭ったという。担当者は「損失が出たら身銭を切って補填する」と腹をくくって押し切った。

結果は言うまでもない。1991年10月に発売されると大ヒット商品となった*1。今や家庭でも「特盛で」と言ってゴハンのお代わりを催促する場面さえあるだろう。見事、特盛は日常に溶け込んだ。

そんな特盛とわたしとは擦れ違いの関係にある。どんなに求めても、特盛は素通りしていく。

20代の頃のある日、ガツガツ食べたい欲求に襲われて吉野家に入店。気分に任せて特盛を注文したことがあった。

眼の前に置かれた丼を見て、「おお、これが特盛か!さすが!」となかば感激しながら貪り食べ始めたところ、どうやらカウンターの向かいで食べている男性の丼の方が大きい。

遠近感がおかしい。いや、彼が食べている丼のシルエットは独特で、肩を張ったような強そうな雰囲気を身にまとっている。もしかして、あれがそれなのではないのか。

お勘定のとき目の前に現れた店員はこう告げた。

「はい!牛丼大盛と味噌汁ですね〜」

やっぱりかよ。悔しい。しかし感情に任せて、「特盛を頼んだのに、大盛を食わせておいて、大盛の金額を取るのか?」などと訴えようものならどうだろう。大盛を食べたのに、特盛の金額を支払おうとする奇人に他ならないし、店員をちょっとだけ困惑させる以上の効果はない。

その場は黙って店を出た。チャンスが消えたわけではない。また来ればいい。胃袋は満足したのに、でもちょっと虚しい。

ところが、その日だけではなかった。特盛をオーダーすると大盛が出てくるということが、他の店舗でも立て続けに2回発生した。これはもう偶然ではない。名付けて、

《特盛を頼んだのに、大盛が出てきてしまう現象》

あまりにもヒネリがない。

今にして思うと、特盛をオーダーするときには、口頭だけではダメだったのかもしれない。なんらかの作法を守っていなかったのではないか。たとえば、

  • ビートたけしのコマネチのポーズをとりながら「特盛!」
  • 刑事のように警察手帳を掲げながら「特盛」
  • 熱盛〜!のコールに似せて*2
  • 敦盛を舞いながら*3

いやいや、もっと目立たないカタチも考えられる。

吉野家といえば、京樽や三崎丸ばかりか、はなまるうどんも完全子会社だそうですね。」*4

「よくご存知ですね。特盛ならあそこですよ。」

まるで新スパイ大作戦フェルプスが指令を受け取るときのように、店員との何気ない会話がオーダーの暗号になっている可能性も否めない。

余談が過ぎた。

現在、アラフィフという領域に足を踏み入れてしまったせいか、特盛を切望する気持ちがすっかり遠のいてしまった。もはや欲しない体になったのだ。

これから先、店内でコマネチをしたり、敦盛を舞うこともないのだなと思うと、それはそれで一安心である。

www.yoshinoya.com

 

*1:日本経済新聞私の履歴書」による。掲載年月日は失念。

*2:【熱盛ってなに?】いつでもどこでも「アツモリ!!」できる熱盛ボタンが面白すぎて仕事にならない - おすすめオススメ

*3:信長が好んだとされる能『敦盛』(あつもり)である。Wikipediaによると、「特に、桶狭間の戦い前夜、今川義元軍の尾張侵攻を聞き、清洲城の信長は、まず『敦盛』のこの一節を謡い舞い、陣貝を吹かせた上で具足を着け、立ったまま湯漬を食したあと甲冑を着けて出陣したという『信長公記』の伝記がある」。出陣前に「湯漬」を食したとあるが、特盛を食していた可能性も捨てがたい。

*4:吉野家HD恐るべし。吉野家 - Wikipediaによる。