イブラヒモってどんな紐?

紐でないことは知っています。小ネタ写真と書き物のブログです。【注】写真はすべて拾い画ではありません。無断転載は見つけ次第、追っ手を放つ。

忍者も逆輸入する時代

戦国無双5』をプレイしていると、セガーレ*1が「これ何て読むの?」と尋ねてきた。わたしはさも当然だろ?といった口調でこう答える。

「ハットリ ハンゾウ

「はっとり はんぞう」

そうして、わたしはハッとしたのだ。今どきの子は服部半蔵をよく知らないということに。

そういえば、わたしの子ども時代は侍や忍者のメディア露出が高かった。テレビでは昼も夜も時代劇をやっていた。忍者が主役のドラマ『影の軍団』があったし、なんといってもアニメ『忍者ハットリくん』の存在が大きい*2。「忍者」といえば「服部半蔵」。まるで合言葉のように、意識のなかに刷り込まれている。

子どもたちが観ている番組にも、忍者が登場しないわけではない*3。しかし、それはニンジャであり、Ninjaである。海外製なのだ。

今や忍者も海外から逆輸入する時代なのだな…と痛感する。もちろん輸入品目のなかに服部半蔵は含まれていない。

 

*1:せがれをもじったネット上での呼び名で、小学校3年生・早生まれの8歳男子。戦国武将好き。

*2:ハットリくんは、服部半蔵をもじった「ハットリ カンゾウ」という名称。

*3:Netflix『トゥルーと虹の王国』に登場するバートルビー(Bartleby)はNinja Catである。