イブラヒモってどんな紐?

紐でないことは知っています。小ネタ写真と書き物のブログです。

iOS版Microsoft Wordのテンプレートが東海道五十三次

2015年4月3日時点でのiOSMicrosoft Wordのテンプレートが秀逸だった。

文例にはなぜか「東海道五十三次」が差し込まれていて、それはそれは異様な世界を織り成していた。

これがそのスクリーンショットである。

街歩きを楽しむ2人の外国人女性。そして【東海道五十三次】の大見出し。

思い浮かべるのはまったく新しいコンセプトの『東海道中膝栗毛』であり、人種や性別の壁を軽々と超えた、弥次さん・喜多さんの爆誕である。爆誕の巻〜ぃである。せっかくなので、2人の女性に台詞をあててみよう。

弥次「でへへへへへー」

喜多「がはははははー」

彼女らの表情から察せられるテンションの高さからすれば、これくらいの台詞が妥当だろう。

さて、インパクトのあまり真っ先にこのテンプレートを開いてしまったのだが、他のはどうなっているのか。テンプレートの一覧ページに戻ってみよう。

あ、これも、はっ、これも!見渡せば全てが「東海道五十三次」。

実用レベルで考えると、ここまで個性的なテンプレートでは手直しに手間がかかるし、最後まで校正作業には気が抜けない。

たとえば、書き上げたニュースレターに「東海道五十三次」が含まれていないかを隈なくチェックする必要がある。

さらには「東海道五十三次」ばかりに気を取られていると、絵師「菱川師宣」の文字列が残ってしまうという落とし穴が待ち構えている。

部下「すみません!間違えました!」

上司「えっ?なんで?」

そういうやりとりが容易に想像できる。通常入り込む余地のない言葉が、社内報に紛れ込むリスクが大きい点、最大限の注意を払いたいところだ。

しかし、安心していただきたい。現バージョンのテンプレートでは何ら刺激のない文例に修正されている。すぐに使えるテンプレートは嬉しいは嬉しいが、それはそれで寂しくもある。

Microsoft Word

Microsoft Word

apps.apple.com